中古のノートパソコンを買うメリット

スマートフォンやタブレットが流行る昨今ですが、まだまだノートパソコンはサラリーマンのマストアイテムです。むしろ、それらのモバイル機を使った事で、既存のパソコン製品の使いやすさを再認識した、という人々も多い事でしょう。スマートフォン等はあくまでも簡易的なデバイスです。文書作成や表計算、プレゼン資料の作成等も可能ではありますが、あくまで簡易的な物に過ぎず、キーボードやマウスが使えないため、元々パソコンに詳しい方からすると、使いづらいことを強く覚えるはずです。またパソコン専用のソフトウェアは当然ですが、タブレットやスマートフォンには入らず、結局サラリーマンの多くが、一般的なOSが入ったパソコンを今でも第一線で活用しています。最近は仕事の用途に合わせて、複数台、所有なさる方々もいます。

作業効率アップを狙うならマシンは複数台、持ちたい

経済的に余裕があるなら、複数台ノートパソコンを所有した方が作業は捗ります。1つのパソコンが、大画面で開けるアプリケーションは1つです。そのため、文書作成とデザイン作業を並行して進めたい場合などは、1台のマシンで2つのアプリケーションを同時稼働させるよりも、マシン自体を2台にして、アプリケーションをそれぞれ専用にした方が、作業効率がアップします。経済的に余裕が無いと、新品のパソコンを2台持ちする事は難しいです。しかし、今では中古のノートパソコンという素敵な選択肢があります。中古であれば新品の半額以下の値段でゲット出来ます。メリットは抜群の経済性です。またサラリーマンの多くが使い慣れた旧型のOSが入っているマシンも多く、今現在、主流となっている最新版OSに慣れる手間が省けるメリットも大きいです。

新品よりも迅速に手元まで届くメリットも

中古のメリットは費用対効果の良さだけではなく、迅速に入手出来る点にもあります。新品のパソコンの場合、注文してから1週間から2週間、待たされる事が多いです。カスタムしたマシンであれば、更に待たされる可能性大です。一方でUSEDの製品であれば、当然ですが完成品しているため、注文した後は店舗が迅速に出荷してくれます。自宅に届くまで、1週間以内で済みます。またUSED製品は販売される時点で入念に専門家が検品してくれています。新品のマシンのような初期不良のトラブルが逆に無い、というメリットも大きいです。すぐに職場にノートパソコンを導入してバリバリ作業効率アップを狙いたい多忙な方々には、むしろUSEDの方が大きな利益があるとも言えます。またUSEDなので、良い意味で消耗品として使い潰す事に抵抗感が無い、という長所もあります。